六星占術で相性を占う?

六星占術で相性を占う?

六星占術で相性を占う?

六星占術の相性は、自分が何星人であるのか、相手が何星人であるのか調べる事によって分かります。
書籍には六星占術の相性の早見表や詳しい内容も書かれていますから、興味がある方は一度見てみるとよいでしょう。
一般的に占いと言えば、星座や四柱推命、手相、血液型などの要素が利用される事が多いと思います。
そのような一般的なものと、六星占術の相性では多少違った内容が出てくることになり、違った発見ができて面白いものです。
どのような占いを利用すれば良いのか迷ってしまう場合もありますが、いろいろなものを総合的に見て判断すれば良いでしょう。
六星占術で相性を占った場合、他の占いと全く違った内容というのは少ないようです。
どのような占いを利用しても、悪いものは悪いとしか出てこないということかもしれません。
また、自分がどの占いを信じるかによっても利用価値が異なってきます。
相性が悪いのを知っていながらあえて結婚したりお付き合いをしているカップルもいますから、占いだけの要素を頼りにしない事も重要です。
たとえどの方法で占っても悪い結果がでてしまった場合でも、お互いの努力があれば欠点は解決できるようになります。
また、人は自分とは異なった面を持っている人を魅力的だと思うことがあるので、まったく合わない人でも惹かれてしまうことはあります。
つまり、後は本人達の努力次第という事になります。
私は六星占術の相性で悪い結果が出てしまっても、もともとそれ程良くないことは知っていましたから、それはそれという感じで受け止めています。
相手の考えや欠点がどうしても我慢できないというならどうしようもありませんが、相手を思いやる気持ちを持っていれば、六星占術の相性が多少悪くてもやっていけるものです。
個人的には六星占術の相性は信じている方なので、良くても悪くても、それを改善できるヒントを貰うようにしています。
良い相性ということは自然体でも仲良くしていけるということですし、悪くても欠点を長所に変える努力と気持ちの余裕があれば乗り切れるものだと思っています。

六星占術の相性は人生を送る上で、ヒントの一つを得るためという利用の仕方が良いのではないでしょうか。
人生は自分で切り開いていけますし、全てが占いの通りになるとは言い切れず、運命も変える気力が重要だと思います。
六星占術の相性が悪くても悲観せず、マイナスをプラスに変えていくよう努力してみましょう。
また、六星占術を提唱した細木和子さんの書籍には芸能人の離婚した話題なども掲載されていますから、その人たちに何が足りなかったのか知る材料としてみましょう。
そういった中からも何かヒントが得られるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ