六星占術の大殺界の意味って?

六星占術の大殺界の意味って?

六星占術の大殺界の意味って?

六星占術の大殺界というとちょっと怖いイメージがありますが、あえて悪い年を知ることで、自分の行動に責任を持つという意味で公開されています。
提唱者の細木和子さんも言われていますが、大殺界だからと言って恐れる必要は無く、悪い運気だからこそできる事をして、自分の事を見つめなおす機会にしましょう。
六星占術の大殺界とは独自の占いの方法で作られたもので、一歩間違えば死んでしまう恐れのある怖い時期だと言います。
もちろん、これはその時期の過ごし方を間違えればという意味であり、六星占術の大殺界だからといって必ず命を落とすということではありません。
大殺界は運気が一番悪い時といっても良いので、自分から行動を起こすことは避ける様にします。
新しい仕事を始めたり、家を買う、引越しをする、出産などは避けます。
また、この年に結婚をするのも良くないとされており、六星占術の大殺界の時期に結婚した場合は悪い結果となる事が多いそうです。
この六星占術を信じている人でも、それ程でもない人でも、大殺界に何かを始めれば良くないと言われれば、あまり気持ちの良いものでは無いと思います。
あえてこの時期をずらす事で気持ち良く始められるのであれば、そうしてみるのも一つの方法ではないでしょうか。
六星占術の大殺界は10年ごとに現れ、更に3年ほど続きます。
その間に悪い日が重なる可能性は高いのではないかという考えを持つ方も多く、中には批判される方もいらっしゃるかもしれませんが、それは人それぞれの受けとらえ方で良いのではないかと思います。
私は全面的に信じているというわけではありませんが、六星占術の大殺界という時期を重く考え、自分の生き方を改めて見つめなおす時だと考えています。
10年に一度くらいはこのような時期があっても良いのではないでしょうか。
10年という歳月はとても長い時間ですから、私達の人生で大きな転換が生まれたりもします。
そのような大きな節目で改めて自分自身を見直す事で、自分がこれからどのように生きていくのかという選択を行いやすくなると思います。
単に悪い時期としてとらえるのではなく、あえてそれを自分にとってプラスとできる考えを持つことが重要です。

例えば結婚や出産、子どもの受験など大きな節目に出会うかも知れませんが、パートナーに改めて感謝の気持ちを持ったり、子育てでも家族との関わりを見つめなおしたりしてみましょう。
人生ではずっと突っ走ることはできませんから、時々立ち止まる事が必要だという事です。
あっという間に人生を過ごすのではなく、時々見直すくらいの余裕があると良いですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ